名もなき生活、名もなき人生の一部、名もなき時間

自然のイラスト生活

GWを活用して、個人的に色々溜まったタスク整理をしていました。

昨今の生産性向上のトレンド通り、ご多分にもれず、どうやって効率的にタスクを回すかに腐心していたわけです。

 

しかし、ある程度タスクの全体像の整理がついたところで、ふと思ったんですよね。

タスクに入ってこない、To-Doリストに映らない「何か」が取りこぼされてるんじゃないかなと。

 

 

その「何か」とは。

「名もなき生活」というか、「名もなき人生の一部」というか、それともさらに抽象的に「名もなき時間」と呼ぶべきか、悩みます。

ほら、「ゴミ袋を交換する作業」のような、見えにくくて軽視されやすい家事を指して「名もなき家事」って呼んだりするでしょう。あの感じです。

はっきりした概念があるわけでもないので、とにかく呼びにくいのですけども。

 

  

その「名もなき時間」とは具体的にどんな状況かというと。

一言で言えば「何もしてない状態」です。

テレビを見ているわけでもなく、スマホをいじってるわけでもなく、本を読んでるわけでもない「何もしてない状態」。

 

といいつつ、「何もしてない状態」というのも実は正確ではないです。

厳密には「何もしてないんだけれども、本当の意味では何もしていないわけでもない状態」なんです。

 

何か考えているようで、考えてないようでもあり、でもやっぱり考えているような時間。

ボーッとしているとも言えるし、ぼんやり思索にふけってるとも言えるし、ダラダラしてるとも言える時間。

 

禅問答のようですが、でもまさしく「そんな時間」なんです。

 

 

こういう時間って、他人から見るとただただ「何もしてなさそう」「ヒマしてそう」に見えるので、侵襲を受けやすいです。話しかけられたり、仕事を振られたり。

話しかけられたその瞬間に、その「名もなき時間」は否応なく中断されてしまいます。

話しかけられた内容を理解しようと脳が反応し、どう応答するか考えた瞬間に、それは「目的を持った有意な時間」になってしまうので。

 

声掛けに負けずに、引き続きその中断された「名もなき時間」に戻ろうと思っても、「何をやってたか」を自分自身でも説明できないので、声掛けを断る理由が出てきにくいです。

「何もしないことをしていた」と言っても相手は意味がわからないでしょうし、適当に断ろうとしていると疑われるのがオチでしょう。

そもそも本人でさえも確固とした自覚のある時間ではないので、「まあこれといって何かしていたわけでもないし」と、特に執着なく「名もなき時間」を手放してしまいます。

 

触れた瞬間に弾けるシャボン玉のような、そんな「儚い時間」なのです、これは。

 

 

ひたすらに抽象的で取り留めのない話ですが、でも「実はこういう時間は人には必要なのではないか」という直観があるのです。

とにかくせっかちになって「生産性!生産性!」と叫んでいる現代社会では、これはまさしく「絶滅危惧時間」でしょう。

ぜいたくといえばそうかもしれないし、ムダと言われればそうかもしれないです。

でも、びっしりと積み上がったタスクリストを見ていると、「見えにくいけどとても大事な時間」を私たちは失いつつあるような、そんなうっすらとした悪寒が止まらないのです。

 

 

以上です。ご清読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました